相続

相続

 

相続-遺言-

相続税の対象となる相続財産を誰に残したいか、遺言によって定めることができます。
例えば、相続人ではないが、生前ずっと身の回りの世話をしてくれた知り合いに、いくらかの財産を分け与えたい。
孫に、財産の全てを相続させたい。
はたまた、相続人とはならない愛人や、内縁の妻に、財産を遺してあげたいなど、通常相続人とならない人にも財産を遺すことができる手段です。

 

遺言には、自筆証書と、秘密証書、公正証書の3つの方法があり、自筆証書はその字の通り自筆により遺言を遺す方法で、最もシンプルな方法ですが、書式等の記載方法の要件を満たしていなければ、法的に無効になったりなど、気を付けなければならないことがあります。
秘密証書は、記載内容を秘密のままにし、公証役場などでその存在のみを証明してもらう遺言のことです。
最後に、公正証書遺言は、内容、存在ともに公証役場に証明してもらうもので、内容は自分で考えますが、作成は公証人が行います。また、その際に公証人とは別で、証人が2名必要となります。公証人が作成するため無効になることはなく、3つの方法の中で、最も確実な方法といえます。

 

将来の相続で揉めないためにも、今元気なうちに、ご自身の相続財産を把握し、遺言を作成することをお勧めします。

関連記事

メニュー